Presentasi sedang didownload. Silahkan tunggu

Presentasi sedang didownload. Silahkan tunggu

熊野海盆 と駿河湾 における 海底地殻変動観測 名古屋大学 地震火山・防災研究センター 田所敬一・生田領野・安藤雅孝・奥田 隆・ 杉本慎吾・ G. M. Besana 【研究協力・共同研究先】 三重県科学技術振興センター 調査船「あさま」 東海大学 実習船「北斗」 静岡県水産試験場 観測船「駿河丸」

Presentasi serupa


Presentasi berjudul: "熊野海盆 と駿河湾 における 海底地殻変動観測 名古屋大学 地震火山・防災研究センター 田所敬一・生田領野・安藤雅孝・奥田 隆・ 杉本慎吾・ G. M. Besana 【研究協力・共同研究先】 三重県科学技術振興センター 調査船「あさま」 東海大学 実習船「北斗」 静岡県水産試験場 観測船「駿河丸」"— Transcript presentasi:

1 熊野海盆 と駿河湾 における 海底地殻変動観測 名古屋大学 地震火山・防災研究センター 田所敬一・生田領野・安藤雅孝・奥田 隆・ 杉本慎吾・ G. M. Besana 【研究協力・共同研究先】 三重県科学技術振興センター 調査船「あさま」 東海大学 実習船「北斗」 静岡県水産試験場 観測船「駿河丸」 国土地理院

2 海底地殻変動観測システム

3 平成 17 年度 海底地殻変動観測 ■ 同一海底局の繰り返し観測 ○ 熊野灘 ・観測 7回(+平成 16 年度 3 回;計 10 回) ・成果 くり返し観測精度の評価 水平各成分 ±3 cm 紀伊半島南東沖地震による水平変動(再) ○ 駿河湾 ・観測 9回 ・成果 くり返し観測精度の評価 水平各成分 ±4 cm 海中音速構造の時間変化 測定と補正 ■ 船上局の広帯域化 ハイドロホンによる音響信号受信試験 ■ 海中音速構造の連続測定 曳航式水温・圧力センサ試験

4 海底局設置地点 ● 海底局設置サイト(既設) ▲ GPS 基準局(名大) ○ 海底局設置サイト(予定)△ GPS 基準局(国土地理院)

5 繰り返し観測実績

6 同一海底局のくり返し観測 熊野灘 ITRF2000 ±3 cm 繰り返し観測精度 水平各成分 ± 約 3 cm

7 紀伊半島南東沖地震による水平変動 陸上 GPS :国土地理院 GEONET 電子基準点 日々の座標値[ F2 解] 基準期間 2004/08/ /09/04 比較期間 2004/09/ /09/13 固定局 岩崎 (950154) 震央分布:気象庁一元化震源 2004/09/05 19: /09/07 19:06 (再解析+データ追加)

8 同一海底局のくり返し観測 駿河湾 繰り返し観測精度 水平各成分 ± 約 4 cm ITRF2000 東西成分 南北成分 ±4 cm

9 海中音速構造の時間変化 各層における音速の平均値からのゆらぎ 2005 年 6 月 日 駿河湾(船舶:駿河丸) CTD 測定 27 回 ほぼ連続して実施 1測定の所要時間約 30 分

10 海中音速構造の連続測定 機材 2006 年 1 月 日・ 2 月 日;駿河湾(船舶:北斗) 水温・水深(圧力)センサ 深さ 100 m 毎に取り付け 音響測距と並行して曳航観測 サンプリング間隔:3秒 精度:水温 ±0.002 ℃ 水深 ±0.6 m ( ±0.1 % FS )

11 海中音速構造の連続測定 結果 2006/01/242006/01/25 Hour 2006/02/22 Hour 2006/02/21 Hour

12 海中音速 時系列 2006/01/25

13 水温 時系列 2006/01/25


Download ppt "熊野海盆 と駿河湾 における 海底地殻変動観測 名古屋大学 地震火山・防災研究センター 田所敬一・生田領野・安藤雅孝・奥田 隆・ 杉本慎吾・ G. M. Besana 【研究協力・共同研究先】 三重県科学技術振興センター 調査船「あさま」 東海大学 実習船「北斗」 静岡県水産試験場 観測船「駿河丸」"

Presentasi serupa


Iklan oleh Google